カテゴリ:チョコ&チップのケガ、病気( 26 )

またうっ滞に(涙)

今朝起きたら、チョコの様子がおかしく・・・・またうっ滞になってしまいました。
8時半に病院にTEL。9時に診てもらえるとのことで、行ってきました。

今は、自ら水を飲み、ペレットも少し食べるように。目の輝きも戻ってきました。

また油断はできませんが、ひとまず落ち着いたところです。
明日もまた、病院です。

コメントの返事が遅れていてゴメンナサイ。
今はチョコを見てあげていたいので
気持ちにゆとりができるまで
お返事もうちょっと待っていてくださいね。

日中と夜間の、寒暖の差が激しくなって
体調を崩すうさちゃんも多いそうです。
とくに夜の涼しさ(寒さ)にはお気をつけくださいね。
[PR]
by choco_snow | 2011-10-17 12:03 | チョコ&チップのケガ、病気

ギョウチュウ~ 病院へ!

:前回の続き:
またまた長いですが、お付き合いいただけると嬉しいです^^

b0129140_14131822.gif


15日の夜に「うっ滞」を起こしたチョコは
日が変わる頃に●をし、ペレットも食べるようになったので一安心。
発見してしまったギョウチュウにショックを受けつつも、
とりあえず”それ”のついた●をジッパー付きの袋に入れ
夜中の2時すぎ、寝ることにしました。


朝、起きてみると元気元気なチョコ!
テトテトッと、私の元へ走ってきました♪良かった~。
上の娘がペレットをあげてくれていました。
少し食べたようです。

午前中、バニーファミリーの吉村さんに
昨日のことと、●から虫が出たことを話すと
やはり病院に行ったほうがいいとのこと。

すぐに病院にTEL。夕方5時に予約を取りました。

病院に行く前・・・完全に食欲は戻っていないのか、
いつもならお昼過ぎには空っぽになるお皿には
まだ少しペレットが残っていました。


病院について待合室にいる間、キャリーバッグの蓋を開けたら
「ニョキッ☆」と顔を出し、好奇心丸出しのチョコ。
出てこようとする頭を手で止め、おでこをナデナデしていたら
バッグの淵に手を置いて、うっとり・・・・寝ちゃった???と思うくらい
動かなくなってしまった。緊張してないの?!


30分ほど待って、名前を呼ばれました。
診察室のタオルの上で、あちこち動いて落ち着かないチョコ。
先生がグリグリ~っと頭をなでてくれて「オデコちゃんだね~」って*^v^*
それと「バニファっぽい顔だね」とも。(バニファのかかりつけ病院なのです)

昨夜のことを話すと、チョコのお腹を触ってやはり毛球症でしょう、とのこと。
持っていったギョウチュウ付きの●を見て、「ウンチが小さいね」。
●の大きさは健康のバロメーター。
食欲が落ちているため●が小さいので、もう少ししっかりお腹に食べ物を
入れたいということで、その場で強制給餌をしてくれました。

先生が上手に口に入れてくれるのですが、チョコがモグモグ口を動かすと
ベロ~っと流動食が口から出てきてしまって^^;
口に入れたぶんの半分は出してしまうのです。
「アラ、出しちゃうの~?ちゃん食べないと、何回もお口に入れちゃうよん!」と先生。
また口に押し込み、するとまたベロ~っと半分出した後、クチャクチャクチャ・・・と
口の中に残ったものを仕方なく噛んでいるようです。
それの繰り返しを何回ぐらいやったかなぁ?
だんだんチョコの目が三角になってきた!
先生「あ、怒ってる怒ってる~(笑)」 診察室が笑いに包まれました。

ひとまず流動食がお腹にたまったようなので、
家に帰ったら食欲増進のお薬を飲ませて
ペレットもいつもの時間にいつもの量を上げて減り具合を見てください、とのことでした。
b0129140_1454713.jpg


ギョウチュウについては、いったん食欲をしっかり戻してから
改めて駆虫することになりました。
一週間後にもう一度病院に行き
その時にギョウチュウをやっつけるお薬をもらいます。


家に帰ると、キャリーバッグから飛び出しすぐに和室→子ども部屋の前へ。
どちらも扉が閉まっていて、入っていけないことが分かると、テーブルの下へ。
ケージに立て篭もるとばかり思っていたのになぁ・・・
それにすぐ牧草を食べたりペレットも食べたり、意外なほど元気でした。
b0129140_1461622.jpg

薬も初めてシリンジから飲んだけれど、何の抵抗もなくペロペロペロ~♪
この調子で、今週土曜日はまた病院に行って、
ギョウチュウ退治のお薬もらおうね!


病院に行ったのが土曜日。
日、月、火、水と4日経ちましたが、薬が効いているのかペレットもよく食べ
夜になると私のあとをついて周り、隙あらば足にしがみついてきます*^^*
以前紹介した、タオルをひらひらさせるとその周りを走り、ジャンピング!!も
やって見せてくれます。
b0129140_1463341.jpg

あの夜、苦しそうなチョコの顔を見ていて
最悪なことが頭をよぎった瞬間もあります。
でも慌ててそれを打ち消し
「まだまだ若いチョコを逝かせるわけにはいかない。
チョコがいなくなるなんて考えられない!!」
と自分を励まし、チョコを励まし続けた時間。
うさ友さんが、「一緒に乗り越えて、絆が深まる」と教えてくれました。
そのとおりだと思います。
言葉は通じなくても、チョコに懸命な気持ちは通じてくれたんじゃないかな。

昨日は、私の横でゴロンしたチョコをなでながら
「チョコ、元気になってくれて本当にありがとうね」といったら
思わず涙が出てきてしまいました。
チョコの生命力に感謝、感謝!!です。


b0129140_1411698.jpg



それから・・・もうひとつ、お話が。
仲良くしていただいているユイさんの愛兎、ニコちゃんが
4月の初めに、お月様へ旅立ってしまいました。
5歳のニコちゃん。まだまだこれからも愛らしいのんびり屋さんのその姿を
沢山見られると思っていたので、連絡をいただいたときは本当に悲しかったです。
今回、チョコが体調を崩した時にニコちゃんのことを思い出しました。
ユイさんもどんなにか、辛かっただろう。
ニコちゃんのためにも、チョコはまだまだ生きなくてはいけない。
・・・自分を奮い立て、チョコを励まし続けられたのはニコちゃんのおかげでもあります。

ありがとう、ニコちゃん。

b0129140_1444668.jpg
                 ルナちゃんのこと、チョコのこと、見守っていてね・・・・


改めて、ニコちゃんの御冥福をお祈りいたします。。。。
[PR]
by choco_snow | 2011-04-20 11:15 | チョコ&チップのケガ、病気

チョコ、毛球症に

15日、チョコが初めて「うっ滞」を経験しました^^;
b0129140_1455775.jpg
                  おなか、痛くなっちゃったんだよ・・・(遠い目)

うさ飼いさん以外の方へ・・・
「うっ滞」とは、胃腸の運動が低下する状態のことで、
食欲がなくなる、●が出なくなる・・などの症状を引き起こします。
換毛期で沢山の毛を飲み込み、胃の中にたまってしまう”毛球症”や、
何らかの”強いストレス”が原因。一晩で命を落とすこともある、怖いものです。


思えば、お昼前にその前兆はあったかも知れません。
ダイニングテーブルの下にいるチョコに
あっぺん大麦をあげようとビンを振っても、走り寄って来なかったんです。
いつもならすっ飛んでくるのに。
あれ?と思って様子を見ていたら、いきなりコテンッ!とひっくり返って指をチュパチュパ。
そのあとゴロ~ンと伸びた状態で寝ていました。
眠かったんだ、と納得してしまった私。

この日の午後は授業参観やら習字教室やらで午後は家に居らず、
夜7時に子どもたちと家に帰ってきて、慌てて夕食、その後もパタパタしていました。

チョコのペレットタイムの8時にケージから出したら、
普段は行かせないようにしている和室のふすまが開いていて
チョコはタタタッと入って行ってしまいました。

9時になってもペレットを食べにリビングに戻ってこようとしないチョコ。
長くなってしまうのでココからは時間を追って書いていきますね。

午後9時・・・・・・和室のクローゼットの隙間でうずくまり、出て来ようとしないチョコ。
         何とかリビングに戻すとテーブルの下に入り込み、またうずくまる・・・。
         ペレットにも、乾燥ニンジンにも、あっぺん、えん麦にも、いっさい反応なし。
          「これはおかしい」と確信。
 
         ミニタオルをレンジで温め、ビニール袋に入れて背中に当て
         腹部のマッサージを始める。胃から下腹部にかけて、優しく。
         ネットや、うさぎのマッサージ本でやり方を確認しながら。。。
         某うさぎ専門店の店長さんのブログに
         うっ滞・毛球症の記事があり、以前から読んでいたので、再び読み返す。
         チョコの様子から、直ちに病院、という状態ではなさそうだった。
         もう病院は空いている時間ではないので、行くとしたら夜間救急になるが
         まずは家で出来ることをやってみようと思う。

午後10時・・・ミニタオルだとすぐに冷えてしまうので、カイロに変更して背中に当てる。
         腹部マッサージをしていると目を細める。
         痛いの?気持ちいいの?チョコの言葉が聞けたらいいのに。
         頭までペッタリと床につけた姿勢のチョコ。
         頭をなでると、歯軋りしている。苦しいのかな。
         チョコをさすりながら、不安で心配で涙が出てくる。
        
         でもなぜか、「チョコは大丈夫、朝まで絶対に治る!」という確信?のようなものもあり
         私が泣いていたらダメだと思い、チョコに「大丈夫だよ、もうすぐ治るよ」と
         ささやきながら背中をなでたり頭をなでたり、お腹をなでたり。
         マッサージを続けていると、うっかりカイロが背中から落ちる。
         そのたびにチョコが逃げる。
         逃げる体力があるなら少しでも身体を動かして、滞った胃腸に刺激を与えたい。
         チョコが逃げてうずくまった場所に私も移動し、
         また背中にカイロをあててお腹をさする。

午後10時半・・このあたりからは、パパも一緒に様子を見てくれた。
         なんとかして何かを食べてもらいたい。
         そういえば、ずっと水分を摂っていない!と思い、
         アクアコールをスプーンで2杯ほど飲ませる。
         そのあと牧草を口に持っていくと、「いらない!!」とでもいうかのように
         口でくわえてポイッ!ポイッ!
         そして、突然部屋の中をトトトッと歩き出した。
         あれれ?さっきまでとは、目の輝きというか、強さが違う気がした。
 
午後11時・・・牧草をほんの少しだけ食べてくれた!

午前0時・・・・ペレットも食べ始める。
         ぬいぐるみ(ピースちゃん)をあてがうと、
         カクカクはしないが匂いをかぐ。
         べタッとした柔らかくて黒いウンチが出る。

午前1時・・・・コロコロウンチと、べタッとしたいびつな黒いウンチが 
         交互に出始めた。部屋の中をトットコトットコと歩き回る。

午前1時半・・・何事もなかったように、自ら部屋の隅のトイレにいって
         コロコロウンチをし、そのあとペレットを食べた。



目に光が戻り、いつも見ているやんちゃな表情に戻ったチョコ。
ひとまず大丈夫かな・・・        
気づけば4時間近く、ダイニングテーブルの下に入り込んで
チョコのマッサージをしたり、様子を観察していたので
肩が、腰が、身体中がイタタタ・・・・!!
でも、チョコが元気になった嬉しさで晴れ晴れとした気持ちでした。
・・・・チョコのトイレの●を見るまでは・・・・





チョコがトイレに落としたコロコロウンチ。トイレシートを交換しようと思い
念のため一個一個の●をよーく見てみたんですよね。
すると白い糸みたいなものがついてる。なんだろう、繊維の欠片ともちょっと違う。
割りばしで持ち上げてじっと見てみると・・・・


ギャーーーッッ!!!!

ナニコレナニコレ?!動いたよぅーーーー(涙)!!!
ぞわわわ・・・・(鳥肌)
調べると、これはギョウチュウらしい。
ほとんどのうさぎは体内に持っていて、日頃は現れないが
免疫、体力が落ちた時などに●と一緒に排出されるとのこと。
まさに今のチョコですね。
うさぎにも人間にも悪さはしないのが、うさぎギョウチュウとのこと。
チョコッと安心したけれど、
今夜のうっ滞のこともあるし、朝になったら病院に電話だ~!

つづく・・・



長くなりますので次回に続きます^^;
以前から、「うっ滞」は本当に怖いものだと思っていました。
本来ならすぐに病院に連れて行くべきなのですが、
夜間だったこと、最後に食べたペレットの時間などから考えて
チョコの場合、午前0時を過ぎても症状が改善されなかったら
夜間救急病院に連れて行こうと思っていました。
それまでの間のチョコの看病にあたっては、
さまざまなブログで読んでいた、
「うっ滞」になったうさちゃんのホームケアはとても参考になりました。
今回の経験もどなたかの参考になればと思い、
またチョコの記録として残すために書かせていただきました。
[PR]
by choco_snow | 2011-04-17 16:22 | チョコ&チップのケガ、病気

病院へ

少し前になりますが26日に病院に行ってきました。

b0129140_10529.jpg
                   目頭が、カピカピしているの

去年から、チョコの左目がたま~に涙が出ていて、
そのせいで目頭がカピカピしていました。
しばらく様子を見ていましたが、一向に治らないので
病院に行くことにしました。
去年爪が折れてから2度目です。
(健康診断に来てくださいね、と言われていたのに行ってなかった・・・
ごめんなさい~><;)
先生が診たところ、目に傷はなく、さかさまつげでもないし歯並びにも問題はないので、
軽い結膜炎かな・・・とのことで、抗生剤入りの目薬を出してもらいました。
それで治らなければ、ドライアイかもしれないので、
一週間後にまた診せに行きます。

歯並びよし、体重や筋肉のつき方、おなかの張り具合もよし、●よし!!
健康ですね♪といっていただきました。
お迎え2周年直前に、健康体であることがわかって良かったです。

目薬は、ナデナデしてウットリさせたところに瞼を上に引っ張り、
白目にチョチョン!と点眼。
そのあと目頭をを軽くマッサージすると良いと先生が教えてくださいました。
大人しくさせてくれるので助かっています。


それにしても、最近のチョコはキャリーに入れるのに一苦労。
足をタンタン!鳴らして、怒って出てこないんです。
去年の夏までは、おやつで釣るとピョン!と自分から入ってくれたのになぁ。
皆さんはどうやってキャリーに入れていますか?
何かコツがあれば教えてください~。

追記:
2月1日、病院に再び。
先生から「そんなにお目目おっきくしなくても、大丈夫よぉ~」と笑われる^v^
目薬のおかげか、涙は少し減ったように思えたけれど
先生曰く「まだ少し涙が出ていますね、この子は目が大きいし少し出ているし(^^;)
涙が出やすい体質なのかも。ネザーは鼻涙管も詰まりやすいし」ということ。
今回はドライアイの目薬を処方してもらった。
涙が出るときにさして上げてください、とのこと。
(診察料1850円)



*************************************************


これ、ぜ~んぶチョコサイズ☆
b0129140_1053011.jpg
                      チョコマット
b0129140_1054857.jpg
                      わらっこ座布団S
b0129140_1063429.jpg
                  ナゼカ???B5用紙の上・・・
[PR]
by choco_snow | 2010-01-30 10:08 | チョコ&チップのケガ、病気

初めての病院へ

前回の記事のとおり、
爪を痛めたチョコを、ブリーダーさんが教えてくれた病院に連れて行きました。
b0129140_16541112.jpg
         むかって左側の前足を、ちょっと浮かせているのがわかりますか?

電車で2駅、駅から歩いて2分ほどの病院で、小鳥、小動物専門の病院なので
待合室で犬やネコに怯えることがなく、飼い主も安心です。

先生に足を見てもらうと、朝、爪切りをした時点でついていた爪は、
すでに取れてしまっていました。
(後で探すと、取れた爪はキャリーバッグの底に落ちていました)
根元から取れてしまっているので、これなら大丈夫、お薬も必要ないとのこと。
そのうちまた小さな爪が顔を出すそうで、一安心。

チョコはすごく興奮しているようで、今にも目が飛び出しそう(笑)
「あらら~大丈夫よ大丈夫~」と先生(女医さんです)がやさしく扱ってくださいました。
前足をチェックしている時は、痛い所を触られるとやはり驚いたように暴れましたが
先生が、とても慣れた手つきで、上手くかわしていました^v^
「健康診断しましょうね」と口の中を見てもらい、奥歯の噛みあわせOK、
お腹の音や心音も、特に雑音は無し、
体重は850グラムでした。相変わらずオチビさんですね。
でも骨格も肉付きも、問題ないそうです。
私が朝切った爪では、まだ長いようで、さらに短く切ってもらいました^^;
そして、取れた爪の根元を消毒。

予約のTELをしたときに、初めてのときは●の検査をするので持ってきてください、
といわれていたので●を提出。顕微鏡で調べる先生。
先生に「うん!きれいな●」とお褒めの言葉を頂きました~。

最後に飼い方指導を受けて、年に2~3回は健康診断にきてくださいね、
といわれました。


今回の原因は、わたしの爪きりが遅れたことでしょう。猛反省です。
どの時点で爪を痛めたのかわからないのですが、伸びた爪でいては、
ケガの危険はすぐそこにあるということ。
骨折などをしなくて本当に良かった!!
ごめんね、チョコ。痛い思いをさせちゃったね。

最近、仰向け抱っこが出来なくなって~・・・・なんて嘆いていたけれど
今回、「爪を切らなくては!」とどうしようもない状態になった時には
洗面所へ連れて行き、タオルで来るんでチョコを両足で押さえながら
ちゃんと切れたじゃない。そして、冷静にチョコの指を一本一本、確認でき、
痛がる原因を発見できたじゃない。
もっとしっかりしなさいよ~、snow!

飼い主の気持ちしだいで、必要に迫られれば出来るものならば、
これからはチョコが痛い思いをしないよう、早め早めのケアをしてあげたいと
強く思いました。

今回訪れた病院が、安心してお任せできそうな病院だったので
これはうれしかったです。次は春ごろ、健康診断に行こうかな。
b0129140_17131599.jpg
        病院は怖かったけどね、モグモグ・・・・ゴハンはおいしいんだ♪

病院から帰ってきたら、しばらくはキューブボックスにこもっていましたが
ペレットはしっかり食べ、●も出ていました。(ちょっと小さかったかな)
夜にはテケテケとへやんぽも。ただ、すぐにケージに戻っていたので
やはり疲れていたようです。


b0129140_1714589.jpg
                   足もだいぶ痛くなくなったよ

そうなんです、今日はもう足を浮かせていないので、爪が根元から取れたことで
痛みがなくなったようです。良かったね☆
[PR]
by choco_snow | 2009-01-17 17:18 | チョコ&チップのケガ、病気

チョコ、爪を痛める

昨日(15日)の夜
へやんぽさせようとチョコを見ていたら、右前足を浮かしてる・・・・
いつも姿勢よく両足をそろえて座るチョコなので
「アレ?」と思いました。
その後、しばらく様子を見ましたが、ピョコピョコ元気に動きはしますが、
やはり右前足をかばっているようです。

抱っこして足を見ても、よくわかりません。
ただ、爪きりをしなくてはいけないな~と思いながら
チョコが嫌がるので伸ばし伸ばしになっていたチョコの爪。
切らなくちゃ、切らなくちゃ・・・と気になってはいました。
爪が何かの拍子にに引っかかって、足先を痛めてしまったのかな・・・と思いました。

昨夜はへやんぽを止めて、早めにケージに戻し
私も休みました。
b0129140_1037647.gif

今朝、起きてチョコを見るとやっぱり、右前足を浮かして座ってる。
でも、ぴょんと飛び降りたり、タカタカ走ったり
エサを上げる私のひざに両手を置いたりもするので
骨折ではないと判断しました。

「原因を突きとめねば」と意を決し、仰向け抱っこをして、まずは伸びた爪を切り、
さらに足をよーく見てみることに。
(なわばり外の洗面所に連れて行き、タオルに包んで仰向け抱っこしたら、
大人しくしてくれました。)

右前足、親指の爪の根元が、黒くなっています。触るとビクッと反応して、痛いようです。
やはり骨ではなく、爪に異状がありました。
これは化膿でもしたら大変!!

ブリーダーさんが以前教えてくれた病院に電話すると
午前中は予約でいっぱいなので午後に診察に行くことに。

・・・・・というわけで今日の夕方、病院に行ってきます。
小鳥、小動物を扱う病院なので、チョコが犬やネコにびくびくする心配はなさそうです。

「チョコ・ケガ、病気」のカテゴリーを設けることに。
これもチョコの成長記録だもの。
でも、ここの記事はあまり増やしたくありませんね・・・・・。

b0129140_10374536.gif

[PR]
by choco_snow | 2009-01-16 10:18 | チョコ&チップのケガ、病気


うさぎのチョコとオカメインコのチップそして家族との やさしくてたのしい暮らし。2013年春、埼玉での新しい暮らしが始まりました!2015年夏、保護犬セナが仲間入り。       


by snow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
はじめまして
チョコ&チップとのくらし
チョコチップと保護犬・セナくん
チョコ&チップとむすめたち
チョコ&チップとしまじろう
チョコ&チップお気に入りグッズ
チョコ&チップと娘への手づくり
チョコ&チップのごはん
チョコ&チップのおでかけ
チョコ&チップのケガ、病気
チョコ&チップと学校うさぎ
チョコ&チップとガーデニング
チョコのうさんぽ
チョコ&チップのおともだち
オカメインコのチップ
チョコ&チップの掲載本
チョコ・チップとアカヒレちゃん
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...

ファン

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット

画像一覧