チョコ、お腹イタに・・・

24日、朝起きてチョコの様子を見に行くと、ケージの奥でゴロンと寝そべっていました。
いつもなら起きていて、ペレットを待っている状態なのに。
まだ眠いのかな?と思い、私は1階に降りて朝ごはんの用意を。
しばらくしてパパが、「ペレットをチョコが食べないんだけど・・・ケージからも出てこない」と。
ええ~っと慌てて野菜を持って2階に上がり、チョコに大好きなニンジンをあげても無反応。
耳も冷たい。
b0129140_1414186.jpg

「また痛くなっちゃったよ・・・・。」

あらら・・・・とうとう来ちゃいましたか・・・。
こちらに越して来て初めて、調子を崩してしまいました。
午前中は、とにかく水分を摂らせようとシリンジでアクアコールを飲ませたり、(←ゴクゴク飲む)
スイカを押しつぶしてジュースにして飲ませたり(←飲まない)
りんごを買ってきて、すりおろしてジュースを飲ませたり(←少し飲む)
母が、明日葉の粉末を水で溶いたものを飲ませたり(←わずかに口にする)

おしっこは、動いた拍子に漏らしちゃった、みたいな感じでチョロッと出ますが
●は全く出ません。お腹の動きが悪くなっているようです。


一年前の悪夢がよみがえってしまいましたが
チョコの様子を見る限り、どんどん衰弱する感じではなかったので
少しでもお腹を動くように、わざとチョコを歩かせてみました。
具合の悪いときは、うさぎは人を避けようとします。お腹をマッサージしてあげたり
口に食べ物を持っていったりすると、そそくさとその場を離れようとします。
それはまだ動ける体力があるということで、
動いたのをきっかけにお腹が動き出し、●が出たらなあという期待を込めて・・・。


午後になっても、シリンジでの水分は何とか摂ってくれるものの
相変わらず食べる気配はなく、じっとしたまま。
探しておいた隣の市の動物病院は、夜7時までの診療なので
5時半になってもチョコに回復の兆しが見られなかったら病院に行くことにしました。


5時過ぎ、チョコが動いた!と思ったら、トイレに行き、●をしました!!
でも、その●は・・・いくつかの●がくっついていて、薄い茶色のゼリー状のもので
包まれていました・・・・こんなのはじめて。
●が出たのは嬉しかったけれど、ゼリー状のものは何なんだ?!
病院に行かなくちゃ!

病院は空いていたので、すぐに診てもらえました。
持って行ったゼリー状の●を見てもらうと、盲腸の状態がよくないのだろうとのこと。
体温は38度はありました。
レントゲンを撮ると、朝から食べていないわりには、胃の中に内容物が入っていますね、と先生。
内容物がボール状になっている影が見えました。
胃腸の働きが鈍り、上手く消化されていないようです。
胃のふくらみはそれほどでもなく、ガスでパンパンにもなってはいません。

内科的処置で大丈夫らしく、この日は皮下点滴と、お腹を軽くマッサージをしてもらいました。
食欲が出てくるのは2~3時間後だということで、食べ具合をよくみるように。
全く食べる気配がなければ強制給餌をするようにとのことでした。
そして明日また様子を見せに来るように言われました。


帰ってもチョコはじ~っと動かず。
撫で続け、「がんばれ^^大丈夫だよ、チョコは強い子だから!」と耳元で励まし続けました。
チョコはずっとテーブルの下にいるので、牧草とペレット、野菜、水をチョコを囲むように置き、
いつでも口にできるようにしておきました。
9時すぎても食べるようすは見られず・・・・それでもチョコッと動くようになりました。
10時。診療から3時間以上が経ったので、そろそろ強制給餌だなあと思って、私が立ち上がり
1階に水を取りに降りようとしたとき・・・・チョコが突然、ペレットを食べ始めました!!
「強制給餌なんていやだよ。自分で食べられるよ!」と言ってるみたい。

はあ~~~~良かった!
その後は、ちゃんとトイレに行き、小さな●(ゼリー状のものではなく、いつものです)おしっこも出ました。
そして、牧草も食べて、部屋をタッタカと走り出しました。


次の日、朝起きてみると●がたくさん出ていました。
ペレットの袋に反応し、大喜びで食べています。
後は、私の足にカクカクしてくれれば大丈夫!それも時間の問題でしょう^^


午後に病院に行くと、元気な様子のチョコに先生も安心してくれました。
体温はOK,再度皮下点滴をしてもらいました。
あとは家で薬を飲ませて、●の様子を見ていけば大丈夫だそうです。
チョコを保定していた助手のお姉さんが、「すごく大人しいですね」
先生も「ネザーにしてはきちんと処置をさせてくれて、イイ子ですね^v^」ですって。
その代わり、お目目が飛び出しそうにおっきくなってますけどね~(笑)


埼玉に来て、初めての病院通い。
不安でしたが、とても優しい先生で良かったです。

換毛期真っ盛り。そして暑い日涼しい日とめまぐるしく変わる気温。
たとえ涼しくても湿度は高く・・・・
体中、毛に覆われた動物にとっては本当に辛い季節です。

0~2歳までは、お腹の病気知らずだったチョコ。
3歳になって2度のうっ滞を経験し、
4歳になって2度のうっ滞、そのうち一回は入院&手術。
5歳になって再び・・・。今回は、盲腸便秘?
いずれもチョコの生命力で乗り切ってきましたが
辛そうな愛兔を見ているのは本当に辛いです。
こうなるたびに、わたしの飼い主としての至らなさをいろいろと考えては反省することしきり・・・です。
痛くなる前の晩、涼しかったからエアコンを止めて寝たけれど、湿度が高かったのかなぁ?
野菜をあげるのを忘れて寝ちゃったからかなぁ。
もっとブラッシングをしっかりしないといけないなぁ・・・とか。
b0129140_14124591.jpg
ごめんねぇ。。。。チョコ。


牧草いっぱい食べて、水分をしっかりとって、部屋んぽでいっぱい身体を動かそうね。
b0129140_14144999.jpg

[PR]
by choco_snow | 2013-07-29 14:16 | チョコ&チップのケガ、病気


うさぎのチョコとオカメインコのチップそして家族との やさしくてたのしい暮らし。2013年春、埼玉での新しい暮らしが始まりました!2015年夏、保護犬セナが仲間入り。       


by snow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
はじめまして
チョコ&チップとのくらし
チョコチップと保護犬・セナくん
チョコ&チップとむすめたち
チョコ&チップとしまじろう
チョコ&チップお気に入りグッズ
チョコ&チップと娘への手づくり
チョコ&チップのごはん
チョコ&チップのおでかけ
チョコ&チップのケガ、病気
チョコ&チップと学校うさぎ
チョコ&チップとガーデニング
チョコのうさんぽ
チョコ&チップのおともだち
オカメインコのチップ
チョコ&チップの掲載本
チョコ・チップとアカヒレちゃん
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...

ファン

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット

画像一覧