あの日のことと、経過良好♪

すみませーん^^;今日もチョコッと長いです。
b0129140_1391327.jpg
           24日午前中のチョコ・・・このときから、少し異変があったのでしょうか                      

幽門閉塞。
今回「幽門」と言う言葉をはじめて知りました。幽門とは胃の出口です。
それが機能的に閉じてしまう・・・ということも。
(機能的・・と言うのは、何かが幽門に詰まるのではなく、ストレスや何らかの原因が重なって
幽門の働きが落ちて閉じてしまったり、細くなってしまうことのようです)

24日のチョコは、お昼にモグモグとペレットを食べていて、そのあと私が1時間ほど出かけ
帰ってくると、ケージ内でいつもと違う体勢、違う場所で寝ているので「あれ?」と思って・・・・。
そして、あれよあれよと言うまに、チョコの身体に力が入っていかなくなるのがわかりました。
病院の午後の診察は4時から。私の習字教室は5時から。終わるのは6時。
帰ってきたらすぐに病院に行かなくちゃ!と思いました。
うっ滞のときのいつものホームケアでは対処しきれないだろう、これは危ないと、ふと思ったのです。

病院に行き、チョコを診ていただくと
先生の「かなり重度の状態です」との言葉。
39度前後なくてはならない体温が、35度まで下がっている・・・・。
脱水も起こしていて、この時点で入院が決まりました。
お腹を動かす薬を使ったが、夜9時までにお腹が動く様子があれば、内科的処置。
動く様子がなければ外科処置、つまり手術になる。
ただし、低体温に陥っているため、体力的に麻酔に耐えられるか・・・
手術中に呼吸が止まることの覚悟はしてくださいとのことでした。
チョコを預けて、泣きそうになりながら帰宅。こんなことになるなんて・・・
頭の中がグルグルしていました。

子供たちもパパも、ショックな様子。
うさ友さんからの電話で励まされ、少し落ち着きました。

夜8時半過ぎに先生からTEL。
お腹が動く気配がないとのことで、手術にするか、明日の朝まで様子を見るか・・・
どちらにもリスクがあることなので、どうするかを飼い主さんに決めてほしいとのこと。
明日まで待つということは、最悪、先生方が帰宅し、誰もいなくなった病院で
チョコが最後を迎えるということも・・・。
チョコを慣れない場所で、苦しみながら、たった一人で逝かせることだけは避けたい。
手術にかけよう、と思いました。
すぐに緊急手術開始。
11時過ぎに、先生から手術が無事に終わったとのTEL。
このときはまだ麻酔から醒めていないとのことだったので
心配でその後の様子を聞こうと再度病院にTELすると、
日付が変わる少し前に麻酔からも醒めたとのことでした。

不安と緊張と、そして安堵。
涙で過ぎていった24日の夜でした。


チョコのかかり付け病院は、「横浜小鳥の病院」です。
今回、チョコの手術について
ブログに載せていただきました。
8月29日の記事です。


b0129140_1337855.gif


昨日(9月2日)病院に経過報告に行き、縫合の跡も問題無しということで
抜糸していただきました。
退院の翌日(8月30日)に体重を量ったら、878グラム。
昨日病院で量ったら、890グラムでした。
食欲がしっかりあるおかげですね。
少しずつ、元の940~950グラムに戻ればいいなあと思います。
胃を切開するという大手術のあとなので
身体に負担になってはいけませんからね^^ ゆっくりとゆっくりと・・・。

受付での待ち時間も、病院からの帰り道も、
牧草をむしゃむしゃ食べているチョコを見て
思わず微笑んでしまいました。




しばらく気をつけることをアドバイスいただきました。サプリメントを買いに行ったうさぎ専門店より

・給水ボトルの飲み水のほかに、アクアコールを加えた水を常にケージに入れておくこと。
  (体調を崩した跡の水分補給には絶大な効果があるそうです。)

・牧草は2種類を常に入れておくこと。
(牧草は何よりのうっ滞予防なので、1番刈でも2番刈でも、好みのものを何種類か食べられるように。)

・季節の野菜をいろいろと食べてもらうこと。(冷蔵庫から出したてではなく、常温にしてから)

・たとえ夏でも、パネルヒーターを、ケージの”下”にセットしてお腹から温めてあげる。
 (もちろん夏場はエアコンは常時使い、部屋は涼しく、お腹は温める。
 (うっ滞を何度も繰り返す子には、お腹を冷やさないことが大事だそうです!
  なので、パネルヒーターをケージの引き出しに入れています。)

・サプリ、”ビオネルジー”を与え、胃腸の免疫力をつける。
 (手術前後の回復に効果的!←このサプリ、量の割りにお高い・・・涙)

・圧ぺん大麦は与えないこと(ガスが出てしまうので、うっ滞になりやすい子には×。
 ”この先一生”与えないこと・・・・なので、残っていたもの全て捨てました^^)




昨日今日と、手術をしたことが夢だったのかと思うくらい
元気にへやんぽし、ジャンプ♪のチョコ。

胃を切開するなんて、人間でも大変なことです。
それをさせてしまった私を許してね、チョコ。
手術のせいで、この先長く生きられるのか・・・考えると不安で仕方がないけれど
もう一度、チョコの生活全てを見直して
日々、一瞬一瞬をチョコが快適に暮らせるようにしてあげたい。
出来ることを何でもしてあげたいという気持ちでいっぱいです。
b0129140_13103181.jpg



b0129140_12462256.gif

[PR]
by choco_snow | 2012-09-04 13:16 | チョコ&チップのケガ、病気


うさぎのチョコとオカメインコのチップそして家族との やさしくてたのしい暮らし。2013年春、埼玉での新しい暮らしが始まりました!2015年夏、保護犬セナが仲間入り。       


by snow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
チョコ&チップとのくらし
チョコチップと保護犬・セナくん
チョコ&チップとむすめたち
チョコ&チップとしまじろう
チョコ&チップお気に入りグッズ
チョコ&チップと娘への手づくり
チョコ&チップのごはん
チョコ&チップのおでかけ
チョコ&チップのケガ、病気
チョコ&チップと学校うさぎ
チョコ&チップとガーデニング
チョコのうさんぽ
チョコ&チップのおともだち
オカメインコのチップ
チョコ&チップの掲載本
チョコ・チップとアカヒレちゃん
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...

ファン

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット

画像一覧