チョコの部屋んぽ事情

b0129140_1354279.jpg


蒸し暑いですねえ~。
チョコは毎日テラコッタボードの上で涼をとっています。
凍らせた板状の保冷剤をケージの上に置いていますが
少しは涼しいかな?


換毛で、顔周りの毛をスポスポ抜いてしまい
おぱげちゃんを作ってしまった・・・ごめんね~。
b0129140_1013134.jpg
                            「ちょっと~!!」

顔周りの毛を抜くのは、まったく嫌がらず、逆にうっとりしているのでついついはかどっちゃうのよね^^;
b0129140_10131866.jpg
                      「ぶぅ~!!ハンサムが台無しじゃんっ」

この蒸し暑さと換毛で、つながり●が出たり、たま~にゆる●がでたり・・・
毎日大変だと思うけれど頑張って、チョコ。
注意深く見守ってあげないとなあと思っています。


***************************************************************


今年の3月ぐらいから、チョコの部屋んぽは、
リビングにサークルを作りそこで遊ばせる形をとっています。
3月、実家への帰省の時に、チョコをお泊りさせた施設のオーナーさんのアドバイスをもとに
こういった形をとるようになりました。
b0129140_11112792.jpg
約2畳分ぐらい?のスペースです

画像の右側の、タオルで作ったトンネルをくぐりぬけて遊ぶのが大好きです♪
日によって、またチョコの様子によって差がありますが
大体は朝6時半~9時半ぐらいまでと
夜6時半~10時ぐらいまで、一日二回このサークルで遊ばせています。

それまで部屋んぽは、ケージを開ければ
チョコは自分が行きたいところに勝手に行き、休み、お腹がすけばケージに戻り
また好きなところでくつろぎ・・・・という自由気ままな時間でした。

サークルにしたことで変わったことは
なんと「抱っこでケージから出す」「抱っこでケージに戻す」
ということ。
それから、今まで好きに食べていたごはんは、
必ず「「ケージに戻ってから」にするということ。


サークルは、うさぎちゃんにとって楽しい「遊び場」なわけで
そこへ、飼い主さんが「抱っこ」で連れて行ってくれるということ。
お腹がすいたら、「抱っこ」でお家へ連れて行ってくれてごはんが食べられるということ。
抱っこが嫌いなうさぎちゃん、初めはもちろん抵抗するかもしれないけれど
「抱っこ」=「遊び場へいける」
「抱っこ」=「ケージに戻ってごはんが食べられる」ということを理解すれば
抱っこへの恐怖や抵抗感がなくなり
飼い主さんへの信頼も深まります。

実際、オーナーさんのところへ泊まった時のチョコは
遊び場へ出たくて出たくて、
ケージを開けたら「ぴょん!」とオーナーさんの膝へ飛び乗ったそうです!

うさぎは本来とてもマイペースで我が強いので、好きなようにさせていると
「人間より自分が上」と思ってしまう生き物らしいです^^;
大好きな飼い主さんに、遊び場へ連れていってもらい、
いっぱい遊んだあとは自分のおうちに連れて帰ってもらって
そこでしっかりごはんを食べて、休む時間はしっかり休んでリラックス・・・
うさぎが心身ともに健やかに暮らすには、メリハリのある生活が大事なのだそうです。
それって、理想の形*^^*


初めは「抱っこでなんてムリ~!」と思ったけれど
ケージの扉を開けて、出てこようとするチョコの頭をそっと抑えて
何回か撫でてから、思い切って抱っこしてみる→サークルへ連れて行くこと4、5日。
その後、チョコは、ケージの扉を開けても飛び出そうとすることはなくなりました。
その少し前に、ステップや空中ハウスなどを全部外していたのも
隠れる場所がないため、抱っこするには好都合でした。
ただ、抱っこされることがやはりイヤなようで、
ケージの奥のほうへ身を寄せて固まってしまうように・・・。

ストレスがかかってしまうし、遊びに出るのが楽しくないのかなあ・・
オーナーさんのところではすごく楽しそうだったのに・・・。
もとの自由なへやんぽの方が、のびのびできたかなぁ?と
悩んだ日々もありましたが

私が扉を開けようと近づいて・・・
チョコがケージ前面で、出たそうな顔をしているとき→抱っこがスムーズ
チョコが奥にこもってしまうとき→まだ遊ぶ気分じゃないらしい→時間を置いて待ってみる
と、チョコの表情をよく見るようにしました。
(眠いときに遊び場に連れて行かれても、楽しめないですもんね)


・・・そんなこんなで、抱っこを始めてから3ヶ月が過ぎました。
「抱っこでサークルへの送り迎え」にして良かったこと
・チョコを抱っこすることが怖くなくなった
・チョコがいつも目の届く範囲に居るので安心
・チョコが怪我をする可能性が低くなった(蹴る、踏むなどの不安がなくなった)
・チョコとの遊びを考えるなど、チョコへの関心がさらに高まった
・パパもチョコを抱っこできるようになった^^
・ウンチやおしっこをサークル内でするので、お掃除が楽になった♪

b0129140_1150748.jpg

このサークル方式にしたあとにチップが来たわけですが
嫌な抱っこを我慢する精神力(?)がついたおかげか
心配していたチョコの様子は、比較的落ち着いていたので
うさぎ的成長が見られたのかなあと思います。
この方法を教えてくださったオーナーさんは
私が抱っこを始めてすぐの頃、悩んでいたときに
「抱っこするときに”ごめんね”なんていわないでくださいね。
強い気持ちでいてください、飼い主さんとうさぎちゃんの暮らしを
より良くする方法の一つだと思えばいいんですから」
といってくれました。


毎日小さなチョコを胸に抱っこするとき
なんともいえない愛おしさがこみ上げるんです。
自由気ままでなくなってしまったかもしれないけれど
私たちに向ける「遊んで!」「今は眠いの」「お腹すいた」などの
チョコの無言の言葉が
確実に届きやすくなった気がしています。

b0129140_11441355.jpg
「なでて~」
b0129140_11443520.jpg
「今はほっといて」
b0129140_1149577.jpg
[そろそろごはんにする?」


ケージを開けたら、ぴょん!と膝に乗ってくれるようになったら
うれしいなぁ~。
気長にそんな日がくるのを待ちたいと思います。
[PR]
by choco_snow | 2012-07-04 11:50 | チョコ&チップとのくらし


うさぎのチョコとオカメインコのチップそして家族との やさしくてたのしい暮らし。2013年春、埼玉での新しい暮らしが始まりました!2015年夏、保護犬セナが仲間入り。       


by snow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
チョコ&チップとのくらし
チョコチップと保護犬・セナくん
チョコ&チップとむすめたち
チョコ&チップとしまじろう
チョコ&チップお気に入りグッズ
チョコ&チップと娘への手づくり
チョコ&チップのごはん
チョコ&チップのおでかけ
チョコ&チップのケガ、病気
チョコ&チップと学校うさぎ
チョコ&チップとガーデニング
チョコのうさんぽ
チョコ&チップのおともだち
オカメインコのチップ
チョコ&チップの掲載本
チョコ・チップとアカヒレちゃん
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...

ファン

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット

画像一覧