チョコ、毛球症に

15日、チョコが初めて「うっ滞」を経験しました^^;
b0129140_1455775.jpg
                  おなか、痛くなっちゃったんだよ・・・(遠い目)

うさ飼いさん以外の方へ・・・
「うっ滞」とは、胃腸の運動が低下する状態のことで、
食欲がなくなる、●が出なくなる・・などの症状を引き起こします。
換毛期で沢山の毛を飲み込み、胃の中にたまってしまう”毛球症”や、
何らかの”強いストレス”が原因。一晩で命を落とすこともある、怖いものです。


思えば、お昼前にその前兆はあったかも知れません。
ダイニングテーブルの下にいるチョコに
あっぺん大麦をあげようとビンを振っても、走り寄って来なかったんです。
いつもならすっ飛んでくるのに。
あれ?と思って様子を見ていたら、いきなりコテンッ!とひっくり返って指をチュパチュパ。
そのあとゴロ~ンと伸びた状態で寝ていました。
眠かったんだ、と納得してしまった私。

この日の午後は授業参観やら習字教室やらで午後は家に居らず、
夜7時に子どもたちと家に帰ってきて、慌てて夕食、その後もパタパタしていました。

チョコのペレットタイムの8時にケージから出したら、
普段は行かせないようにしている和室のふすまが開いていて
チョコはタタタッと入って行ってしまいました。

9時になってもペレットを食べにリビングに戻ってこようとしないチョコ。
長くなってしまうのでココからは時間を追って書いていきますね。

午後9時・・・・・・和室のクローゼットの隙間でうずくまり、出て来ようとしないチョコ。
         何とかリビングに戻すとテーブルの下に入り込み、またうずくまる・・・。
         ペレットにも、乾燥ニンジンにも、あっぺん、えん麦にも、いっさい反応なし。
          「これはおかしい」と確信。
 
         ミニタオルをレンジで温め、ビニール袋に入れて背中に当て
         腹部のマッサージを始める。胃から下腹部にかけて、優しく。
         ネットや、うさぎのマッサージ本でやり方を確認しながら。。。
         某うさぎ専門店の店長さんのブログに
         うっ滞・毛球症の記事があり、以前から読んでいたので、再び読み返す。
         チョコの様子から、直ちに病院、という状態ではなさそうだった。
         もう病院は空いている時間ではないので、行くとしたら夜間救急になるが
         まずは家で出来ることをやってみようと思う。

午後10時・・・ミニタオルだとすぐに冷えてしまうので、カイロに変更して背中に当てる。
         腹部マッサージをしていると目を細める。
         痛いの?気持ちいいの?チョコの言葉が聞けたらいいのに。
         頭までペッタリと床につけた姿勢のチョコ。
         頭をなでると、歯軋りしている。苦しいのかな。
         チョコをさすりながら、不安で心配で涙が出てくる。
        
         でもなぜか、「チョコは大丈夫、朝まで絶対に治る!」という確信?のようなものもあり
         私が泣いていたらダメだと思い、チョコに「大丈夫だよ、もうすぐ治るよ」と
         ささやきながら背中をなでたり頭をなでたり、お腹をなでたり。
         マッサージを続けていると、うっかりカイロが背中から落ちる。
         そのたびにチョコが逃げる。
         逃げる体力があるなら少しでも身体を動かして、滞った胃腸に刺激を与えたい。
         チョコが逃げてうずくまった場所に私も移動し、
         また背中にカイロをあててお腹をさする。

午後10時半・・このあたりからは、パパも一緒に様子を見てくれた。
         なんとかして何かを食べてもらいたい。
         そういえば、ずっと水分を摂っていない!と思い、
         アクアコールをスプーンで2杯ほど飲ませる。
         そのあと牧草を口に持っていくと、「いらない!!」とでもいうかのように
         口でくわえてポイッ!ポイッ!
         そして、突然部屋の中をトトトッと歩き出した。
         あれれ?さっきまでとは、目の輝きというか、強さが違う気がした。
 
午後11時・・・牧草をほんの少しだけ食べてくれた!

午前0時・・・・ペレットも食べ始める。
         ぬいぐるみ(ピースちゃん)をあてがうと、
         カクカクはしないが匂いをかぐ。
         べタッとした柔らかくて黒いウンチが出る。

午前1時・・・・コロコロウンチと、べタッとしたいびつな黒いウンチが 
         交互に出始めた。部屋の中をトットコトットコと歩き回る。

午前1時半・・・何事もなかったように、自ら部屋の隅のトイレにいって
         コロコロウンチをし、そのあとペレットを食べた。



目に光が戻り、いつも見ているやんちゃな表情に戻ったチョコ。
ひとまず大丈夫かな・・・        
気づけば4時間近く、ダイニングテーブルの下に入り込んで
チョコのマッサージをしたり、様子を観察していたので
肩が、腰が、身体中がイタタタ・・・・!!
でも、チョコが元気になった嬉しさで晴れ晴れとした気持ちでした。
・・・・チョコのトイレの●を見るまでは・・・・





チョコがトイレに落としたコロコロウンチ。トイレシートを交換しようと思い
念のため一個一個の●をよーく見てみたんですよね。
すると白い糸みたいなものがついてる。なんだろう、繊維の欠片ともちょっと違う。
割りばしで持ち上げてじっと見てみると・・・・


ギャーーーッッ!!!!

ナニコレナニコレ?!動いたよぅーーーー(涙)!!!
ぞわわわ・・・・(鳥肌)
調べると、これはギョウチュウらしい。
ほとんどのうさぎは体内に持っていて、日頃は現れないが
免疫、体力が落ちた時などに●と一緒に排出されるとのこと。
まさに今のチョコですね。
うさぎにも人間にも悪さはしないのが、うさぎギョウチュウとのこと。
チョコッと安心したけれど、
今夜のうっ滞のこともあるし、朝になったら病院に電話だ~!

つづく・・・



長くなりますので次回に続きます^^;
以前から、「うっ滞」は本当に怖いものだと思っていました。
本来ならすぐに病院に連れて行くべきなのですが、
夜間だったこと、最後に食べたペレットの時間などから考えて
チョコの場合、午前0時を過ぎても症状が改善されなかったら
夜間救急病院に連れて行こうと思っていました。
それまでの間のチョコの看病にあたっては、
さまざまなブログで読んでいた、
「うっ滞」になったうさちゃんのホームケアはとても参考になりました。
今回の経験もどなたかの参考になればと思い、
またチョコの記録として残すために書かせていただきました。
[PR]
by choco_snow | 2011-04-17 16:22 | チョコ&チップのケガ、病気


うさぎのチョコとオカメインコのチップそして家族との やさしくてたのしい暮らし。2013年春、埼玉での新しい暮らしが始まりました!2015年夏、保護犬セナが仲間入り。       


by snow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
チョコ&チップとのくらし
チョコチップと保護犬・セナくん
チョコ&チップとむすめたち
チョコ&チップとしまじろう
チョコ&チップお気に入りグッズ
チョコ&チップと娘への手づくり
チョコ&チップのごはん
チョコ&チップのおでかけ
チョコ&チップのケガ、病気
チョコ&チップと学校うさぎ
チョコ&チップとガーデニング
チョコのうさんぽ
チョコ&チップのおともだち
オカメインコのチップ
チョコ&チップの掲載本
チョコ・チップとアカヒレちゃん
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...

ファン

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット

画像一覧